最先端バイオベンチャー

弊社は、生体を模倣する素材「MPCポリマー」の合成技術と素材へのコーティング技術とを巧みに駆使し、様々な素材や医療機器表面を、弊社名称でもあるインテリジェント・サーフェスへと改質します。MPCポリマーで覆われた医療機器は、生体親和性、防汚性などの生体固有機能を発揮する製品へと生まれ変わります。
生体膜模倣構造のMPCポリマー
生体を構成する基本単位である細胞は袋状の構造を持ち、最外殻の細胞膜は、リン脂質の二分子膜で構成されています。
血管内面に血液の塊「血栓」が ...more
生体を構成する基本単位である細胞は袋状の構造を持ち、最外殻の細胞膜は、リン脂質の二分子膜で構成されています。
血管内面に血液の塊「血栓」が生じないのは、この構造が大きく寄与しています。
MPCポリマーは、リン脂質の水に馴染みやすい部位を模倣して合成された人工の素材で、コーティングした表面には、生体膜が固有に持っている生体親和性や血液適合性、タンパク質非吸着性といった機能が付与されます。
MPCポリマーの親水性と防汚性
MPCポリマーをコーティングした表面には、生体膜が固有に持っている生体親和性や血液適合性、タンパク質非吸着性といった機能が付与されます。MPCポリマー表 ...more
MPCポリマーをコーティングした表面には、生体膜が固有に持っている生体親和性や血液適合性、タンパク質非吸着性といった機能が付与されます。MPCポリマー表面には、乾いた状態では汚れが付着しますが、水環境下では、水に馴染みやすい親水性のMPCポリマー表面が水を吸収し、水の力で汚れを落とす「セルフクリーニング」機能が発揮され、清浄な表面を長く保ちます。
内視鏡用コーティング剤
胃カメラや腹腔鏡といった内視鏡を用いた検査・手術の際、体内の水蒸気や電気メス由来の油煙により内視鏡レンズが「汚れ」、内視鏡を通した映像も判別が難しくなり ...more
胃カメラや腹腔鏡といった内視鏡を用いた検査・手術の際、体内の水蒸気や電気メス由来の油煙により内視鏡レンズが「汚れ」、内視鏡を通した映像も判別が難しくなり、内視鏡を何度も取り出し、清浄化する必要があります。
MPCポリマー溶液を内視鏡レンズ表面にコーティングすると、親水性や防汚性の効果により、長時間の手術でも曇りのない映像が維持され、快適な検査・手術環境を提供でき、手術時間の短縮にもつながります。
アルガルバイオは藻類の研究開発を通じて、社会問題の解決を目指す、東京大学発のベンチャー企業です。キーワードとして、「人生100年時代」「食糧危機」「循環型社会」の3つがあると考えており、それぞれ健康食品や化粧品、代替タンパクや飼料、二酸化炭素排出やクリーンエネルギーの分野で活躍することを目指しています。
様々な色調を示す”七色クロレラ”
普通多くの方がイメージされる微細藻類は緑色だと思います。私たちは、クロレラの仲間を中心に様々な微細藻類を扱っており、母体となった東京大学の研究室開発され ...more
普通多くの方がイメージされる微細藻類は緑色だと思います。私たちは、クロレラの仲間を中心に様々な微細藻類を扱っており、母体となった東京大学の研究室開発された藻類株や、環境中から採取した藻類株など約3000株のライブララリーを構築しています。ユニークな藻類株の中には、赤、オレンジ、黄色、黄緑、緑などの鮮やかな色調を示す微細藻類があり、それぞれ天然色素のカロテノイドと豊富な脂肪酸を蓄積しています。
コンサルティング
Support 藻類バイオ事業への参入を検討する企業等への活動サポート、生産技術の受託研究、共同研究
Analyze 藻類バイオ事業者が生 ...more
Support 藻類バイオ事業への参入を検討する企業等への活動サポート、生産技術の受託研究、共同研究
Analyze 藻類バイオ事業者が生産した藻類の成分分析(総デンプン量、総オイル量、脂肪酸組成、色素組成等)等を実施
3D Modeling 電子顕微鏡3D立体構築と3Dプリンターによる3Dモデル製造の受託
受託生産
Order-made 微細藻類3,000株以上のライブラリーから、顧客の要望にあった藻体を厳選し、生産・提供
Composition 研究 ...more
Order-made 微細藻類3,000株以上のライブラリーから、顧客の要望にあった藻体を厳選し、生産・提供
Composition 研究試薬への利用など、抽出、精製済の成分のみを必要とする場合は、目的の形態まで加工
Mass Cultivation 大量培養用の種株選定、生産、販売
次世代シーケンサーを用いた最高解像度のゲノム解析の医学的意味付けを個人および医療機関に提供する。特にがん・生殖医療に重点を置いた解析を手がける。間近に迫った、誰もが自己のゲノム情報を活用する時代にゲノム意味付けのリーディングカンパニーを目指す。
ゲノムデータの意味付けをリードする
私たちゲノムクリニックは、これから到来する「より多くの人がゲノム情報を活用し、健康に活かす時代」を見据えてゲノム解析の医療実装化を目指すべく立ち上がりま ...more
私たちゲノムクリニックは、これから到来する「より多くの人がゲノム情報を活用し、健康に活かす時代」を見据えてゲノム解析の医療実装化を目指すべく立ち上がりました。
日進月歩の本領域では、技術的課題解決が必要であると同時に、法的・倫理的・社会的議論が必要です。多くの方々の議論を通じ、1つひとつの課題を技術的・社会的側面から検討し、研究・開発を進めることで、「知ることで、救える命が増える」社会をつくります
乳がん・卵巣がん遺伝子リスク判定
BRCA1,BRCA2遺伝子を解析することで、乳がん・卵巣がんのリスクを発症前にあらかじめ知り、適切な検診で早期にがんの治療につなげていただくための取り ...more
BRCA1,BRCA2遺伝子を解析することで、乳がん・卵巣がんのリスクを発症前にあらかじめ知り、適切な検診で早期にがんの治療につなげていただくための取り組みです。
新型コロナウイルスの環境リスク評価
専門スタッフが専用の装置を用いて行う出張型サービス。人が触れる表面と人が吸い込む空気中の新型コロナウイルスを評価します。
専門スタッフが専用の装置を用いて行う出張型サービス。人が触れる表面と人が吸い込む空気中の新型コロナウイルスを評価します。

大学・アカデミア

1994年に世界初のDNA専門研究機関として開所以来、世界のDNA研究をリードしてきました。弊所で導入している世界最先端の機器と日頃の研究で培った高度な技術を駆使し、DNAに関する塩基配列分析や植物ゲノムの解析だけでなく、質量分析や遺伝学的検査を通じて産業、医療分野への貢献をしてまいります。
DNA解析センター
さまざまな実用植物や微生物を対象とするゲノム関連解析、DNA マーカーの開発やそれを活用した育種支援、品種識別やF1種子の純度検定、さらに種子病害検査等 ...more
さまざまな実用植物や微生物を対象とするゲノム関連解析、DNA マーカーの開発やそれを活用した育種支援、品種識別やF1種子の純度検定、さらに種子病害検査等を通して、「農産物の品質向上」、「食の安全・安心」、「農産物の適正な流通」等に活用できる DNA 解析技術を広く社会に提供し、世界的に深刻になっている食糧不足や食の安全などの問題解決に貢献します。
生体物質解析センター
生体物質解析センターは、かずさDNA研究所のメタボロミクス/リピドミクス受託解析サービスの窓口として設置されており、ヘルスケア・医療・農業・食品などの幅 ...more
生体物質解析センターは、かずさDNA研究所のメタボロミクス/リピドミクス受託解析サービスの窓口として設置されており、ヘルスケア・医療・農業・食品などの幅広い分野へと展開しています。また、これまでに培った前処理・分析・解析に関する様々な知識と経験を活かして、最適なメタボロミクス/リピドミクスのアプローチを提案するコンサルティングも実施しております。
受託業務に関するアンケート
かずさDNA研究所が行っている受託業務について、今後の参考にしたいと考えておりますので、アンケートへの御協力をお願いいたします。
かずさDNA研究所が行っている受託業務について、今後の参考にしたいと考えておりますので、アンケートへの御協力をお願いいたします。
千葉大学は、2020年4月に学術研究・イノベーション推進機構(IMO)を設置し、本学の技術シーズを県内企業を含む産業界へ積極的につなぐことにより、千葉大発イノベーションの創出による一層の社会貢献を目指しています。本交流会では、本学のイノベーション創出や地域連携に向けた取組、本学の研究例や技術シーズについて、ご紹介いたします。 是非、千葉大HP及び関連リンクをご覧ください。
千葉大発イノベーションに挑む!
千葉大学は、千葉県唯一の国立総合大学です。亥鼻(医、薬、看護)、松戸(園芸)、西千葉(工学、理学、人文その他)の3つのキャンパスに分かれています。 ...more
千葉大学は、千葉県唯一の国立総合大学です。亥鼻(医、薬、看護)、松戸(園芸)、西千葉(工学、理学、人文その他)の3つのキャンパスに分かれています。
保有特許は、本学単独保有のものでも400件を超え、多くの技術シーズを有しています。また、バイオメディカルをはじめ、様々な分野で革新的な研究を推進しています。
千葉大学IMOは、保有する技術シーズの社会実装を一層推進し、地域・産業界に貢献してまいります。
(研究例1)膜タンパク質の構造解析に挑む!
膜タンパク質とは、動植物等の細胞の生体膜に付着しているタンパク質の総称で創薬の重要なターゲットとなっていますが、その構造解析は極めて難しく、ヒト膜タンパ ...more
膜タンパク質とは、動植物等の細胞の生体膜に付着しているタンパク質の総称で創薬の重要なターゲットとなっていますが、その構造解析は極めて難しく、ヒト膜タンパク質の構造は現在でも100種類程度しか得られたにすぎません。膜タンパク質の立体構造の体系的、網羅的な解析は、医薬等の業界から強く期待されています。
千葉大学は、この要請に応えるべく、先端技術を開発しつつ、膜タンパク質の構造解析に取り組んでいます。
(研究例2)千葉ヨウ素資源の高付加価値化に挑む!
ヨウ素生産量で世界シェアの約2割を産出する千葉県の地域特性を活かし、千葉県から世界へ発信する新しい高付加価値ヨウ素製品の開発と、地域経済の活性化を目的と ...more
ヨウ素生産量で世界シェアの約2割を産出する千葉県の地域特性を活かし、千葉県から世界へ発信する新しい高付加価値ヨウ素製品の開発と、地域経済の活性化を目的として、2018年に千葉大学は、国・千葉県の支援を得て、新たな研究拠点「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター(CIRIC)」を開設しました。
千葉大学は、ヨウ素資源を活用した新たな高付加価値製品の開発に取り組んでいます。
登録者 153
千葉県には、世界初のDNA専門の研究機関である(公財)かずさDNA研究所をはじめ、バイオ・ライフサイエンス分野の大学や研究機関が集積し、ベンチャー企業も多数立地しています。 このたび、創業間もない大学発ベンチャー企業が有する最先端のバイオ技術や、世界最高レベルの技術を誇るかずさDNA研究所の各種解析サービスを御紹介するオープンイノベーション交流会を開催します。 登壇者と視聴者をオンラインでつなぎ、本県のイノベーション創出を促進するイベントとなっておりますので、是非、御参加ください。