システム概況
ユーザー数1418名
カンファレンス数
セッション数
プログラム数
出展者数
このシステムが生まれるまで
2020.01.22メドテックステーションサービス開始(medtech-station.com)
2020.07.23第27回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 会長 久保田基夫先生(亀田総合病院 脊椎外科部長)と考える学校代表 柏野聡彦との最初のZoomミーティング
2020.07.30日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 統合本部との運営会議において、考える学校がオンライン運営事務局を担当すること、メドテックステーション機能拡張によるオンライン学会開催システムの実現を進めることが決定
2020.08.01メドテックステーションの改良開発着手(株式会社考える学校と株式会社ユーワークス メディカルエンジニアリング部の連携チームが開発を担う)
2020.09.25オンライン学会開催支援システム「online-conferences.jp」サービス開始(協賛企業のための機能を一部オープン)
2020.09.28ユーザー登録開始
2020.10.02 『 第27回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会~JPSTSS 2020 ONLINE~ 』開催
会 期:2020年10月2日~2020年10月11日
会 長:久保田基夫
副会長:細江 英夫
(学術集会事務局 亀田総合病院)
三村健二、伊丹香代子、鈴木香緒里、山下真紀、笹生翔兵
(ONLINE運営事務局 株式会社考える学校)
丸山史生、濱名晃子、長谷川裕美、大石愛衣、宮部佐和子
開催履歴
本システムの歴史として、学術集会の大会長先生からのお言葉を掲載いたします。
第27回 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 JPSTSS 2020 ONLINE
会 長:久保田基夫(亀田総合病院 脊椎脊髄外科 部長)
副会長:細江 英夫(岐阜県総合医療センター 脊椎脊髄センター 部長)
2020.10.02~2020.10.11
JPSTSS 2020 ONLINE 会長 久保田基夫
久保田 基夫
亀田総合病院 脊椎脊髄外科
JPSTSS 2020 ONLINE 会長
JPSTSS 2020 ONLINE
 亀田総合病院 脊椎脊髄外科 久保田基夫 です。岐阜県総合医療センター 細江英夫先生とともに,第27回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会を担当させていただきます。
 もともと10月2~3日に幕張メッセ(千葉市)で開催させていただく予定でした。できる限り現地開催をと考えていましたが、万一のCOVID-19感染拡大に備え、たくさんの学会運営会社、ネット関連企業、Webinar主催者にお会いして話を伺っていました。
 6月の段階では現地開催できるのではと考えていましたが、7月に入って感染者数の急激な増加、10月の感染者数の予測が極めて難しくなってしまいました。学会の呼びかけに応じて来てくださる先生方に、自己責任で感染予防をお願いするのは適切な判断だろうか?しかし、ONLINE開催するとすればどのように・・・、なかなかアイデアがまとまりません。7月はそんな毎日でした。
 今回の特別企画の一つとして、日本医工ものづくりコモンズ 副理事長の柏野聡彦先生に「オンライン時代の医工連携について」と題したご講演をお願いしていました。日本橋にあるものづくりコモンズには何度か打ち合わせに伺っておりましたが、お忙しい先生になかなかお目にかかることができないままになっていました。初めて柏野先生とお話ししたのは7月23日、当時は全くの初心者だった(それは今も変わりませんが)Zoomを使用しての打ち合わせでした。
 柏野先生に幕張でのご講演をお願いし、懸案だった「医工連携 出会いの広場」の展示について打ち合わせを行いました。ものづくりコモンズの谷下一夫理事長より、柏野先生が年間百回を超えるWebinarを主催されていることを伺っていました。柏野先生なら何か面白いアイデアを持っているかもしれない。本来の打ち合わせの目的ではありませんでしたが、Webinarを成功させる「コツ」について質問させていただきました。
 「そのくらいなら、私たちでも作れそうな気がします。」と柏野先生。「こんな仕掛けはできますか?」「こうしたら、もっと面白くなるんじゃないですか?」気がつくと、初めてのZoom会議で何時間も話し込んでいました。そして、なんと、かなり無謀なことに、「世間に満足できるONLINE systemがないなら、いっそのこと自分たちで面白い学会運営systemを企画してみましょう。」ということに・・・。新しい提案をするという気持ちを込めて、「JPSTSS 2020 ONLINE Project」と名付けました。
 7月30日、統合本部との運営会議。完全なONLINE開催の承認をいただき、既存のシステムを利用するのではなく、学会運営システムをゼロから制作する、柏野先生にアドバイザーに就任していただき、考える学校、ユーワークスのチームにシステム開発とONLINE学会運営を依頼する了解をいただきました。
 あれから2月、精力的に学会準備を進めて参りました。考える学校+ユーワークスチームのメンバーは少数精鋭のチームです。かれらの高い技術力と情熱がなければここまで来ることはできませんでした。学会開催までもう少し。すべてのアイデアを形にすることは難しそうですが、新しい学会を提案できるのではと思っております。楽しみにお待ちください。
 本システムをご活用いただいた学術集会の大会長先生からのお言葉を順次掲載いたします。